GoogleマップでWeb旅行!各国 鉄道の世界遺産

TBS 2022.3.27 世界遺産 世界の鉄道スペシャル 絶景の旅の備忘録。かわいい電車満載です。
イギリス フォース鉄道橋 、ハンガリー ブダペストの地下鉄、イギリス ジャイアンツ・コーズウェイ アメリカ デュランゴ&シルバートン鉄道、メキシコ テキーラの列車、スイス レーティッシュ鉄道
インドの山岳鉄道 、オーストリア ゼメリング鉄道

Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

イギリス 世界遺産「フォース鉄道橋」

イギリスの世界遺産「フォース鉄道橋」全長2.5kmで130年前に完成した フォース湾を渡る赤い橋で、「鋼の恐竜」と呼ばれ、5万8千トンの鋼と鉄が使用された。かつて 海を渡るかフォース湾を大きく迂回しなければならなかった。鉄道橋の最も高い所で110mあり、時に風速30mの強風が吹き付ける。そのため 橋を支える土台の礎石は直径21mある。鉄骨が菱形に連なる独特の構造は 強風に耐えるためでした。懐かしいSLが時折走ります。

Berserk ComputersによるPixabayからの画像

ハンガリー 世界遺産 「ブダペストのドナウ河岸とブダ城地区およびアンドラーシ通り」

ハンガリー ブタペストのドナウ河岸。ハプスブルク帝国の支配下にあった19世紀末、パリにもウィーンにもない世界初の電気式の地下鉄があった。今もオリジナル車両の姿が見られる。19世紀末建てられた ガラスと鉄のモダンな ブタペスト西駅はエッフェル塔を建てたチームの設計で、駅ホームにはカギがかけられている部屋があり 皇族専用の待合室でした。深さ3mの地下鉄駅もある。1896年に開通した地下鉄はおよそ4キロ 列車が走っているのは 世界遺産 アンドラーシ通りの地下です。パリのシャンゼリゼ通りをモデルにし 町並みをきれいに見せるために 地下鉄にしました。

イギリス 世界遺産「ジャイアンツ・コーズウェイとその海岸」

北アイルランドの英国領にある ジャイアンツ・コーズウェイ&ブッシュミルズ鉄道ジャイアンツコーズウェイ駅からブッシュミルズ駅まで 3kmでのんびり海岸を走る保存鉄道。 噴火が生んだ奇岩の海岸で六角形の岩は全て溶岩が固まったもの。140年前に開通した電車が走っている。

アメリカ 世界遺産 「プエブロ・デ・タオス」

アメリカ西部 コロラド高原 にあるデュランゴ&シルバートン鉄道は ゴールドラッシュに湧く鉱山に人や物資、金を運んだ。鉱山労働者の多くはヨーロッパからの移民だった。デュランゴからシルバートンまで蒸気機関車が走っている。コロラド高原には先住民の集落があり 世界遺産「プエブロ・デ・タオス」日干しレンガと泥で作った不思議な集合住宅。プエブロの人が 1000年前に住み着き 今も伝統を受け継いでいる。

メキシコ 世界遺産 「アガベ畑の景観とテキーラの古い産業施設」

メキシコ・テキーラ村は「テキーラ」の発祥地で人気の観光列車「テキーラ・エラドゥーラ・エクスプレス」が存在する。列車は車窓から「リュウゼツラン景観とテキーラの古い産業施設群」の景観が楽しめる。乾燥に強いリュウゼツランはテキーラの材料になる植物で列車の中ではテキーラが飲み放題となっている。

スイス・イタリア 世界遺産「レーティッシュ鉄道アルブラ線/ベルニナ線と周辺の景観」

スイスとイタリアを走るレーティシュ鉄道 アルブラ線は100年前に開通し標高400mから2200mまで登る。トゥージスから高さ約65mのランドヴァッサー橋など196の橋と55のトンネルで、急勾配を克服した。アルブラ峠をはじめ数々の難所を越えてサンモリッツへとひた走ります。
石造りに見える橋「ランドヴァッサー橋」は実は鉄橋。鉄骨でつなぎその上から石で覆って景観に溶け込ませている。ブルージオのループ橋 一周りすることで10m上がります。レーティシュ鉄道には90年前以上から走っている電気機関車「クロコダイル415号」が夏のシーズンだけ運行している。100年前の除雪車も残されおり巨大な羽根を持ち「モンスター」と呼ばれている。

インド 世界遺産「インドの山岳鉄道群(ダージリン・ヒマラヤ鉄道etc)」

1881年に開通した「ダージリン・ヒマラヤ鉄道」。軒先を走る小さな列車は「Toy Train(おもちゃの汽車)」と呼ばれ愛されてきた。向かうは標高2100mのダージリン駅。鉄道が敷かれたのは山の上ある茶畑から茶葉を運ぶため。急勾配を登るためSLの先頭にいる人が砂をまくことでレールと車輪が滑りにくくしている。ダージリンの街から望む8586mのカンチェンジェンガ

オーストリア 世界遺産 「ゼメリング鉄道」

1854年開通の オーストリアのゼメリング鉄道始めてアルプスを超えた鉄道
ウイーンと地中海を結ぶ鉄道。中世のお城を眺め守男抜け石造りの橋を渡る。トンネルと橋で急勾配を克服することでアルプスの絶景を楽しむこともできるようになった。高さ46mのカルテ・リンネ橋 とても美しい橋です。

 

タイトルとURLをコピーしました