GoogleマップでWeb旅行! 珊瑚礁・希少動物・絶景・世界遺産の島

太平洋・大西洋 etc に浮かぶ 島々、面した海岸をメモしました。アルダブラ環礁、ガラパゴス、ニューカレドニア、パプアニューギニア、琉球王国、マレ、ベリーズ いずれも絶景です。
Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

TBS 世界遺産 「絶景に生きる 希少動物スペシャル」

2022年7月24日放送
世界遺産には絶滅が危惧される希少動物や珍獣たちが暮らしている。

アルゼンチン「バルデス半島」

最大18mにもなるミナミセミクジラ

ブラジル「中央アマゾン保全地域群」

大河アマゾンの流域にある ジャウー国立公園 には真っ赤な顔をした奇妙なサル シロウアカリ

中国「四川ジャイアントパンダ保護区群」

四川省には19世紀まで幻の動物と言われていたジャイアントパンダ

インド洋に浮かぶ島国 セーシェル共和国「アルダブラ環礁」

サンゴ礁が隆起して環状に形成された環礁がある。300kgにもなる アルダブラゾウガメが15万頭も生息。ゾウガメは 日中は暑さを避け 洞窟にぎっしり集まる。夕方涼しくなると行動開始し 木の葉を食べる。

エチオピア「シミエン国立公園」

エチオピアの4000mの山岳地帯「シミエン国立公園」には高さ1500mの絶壁に暮らすゲラダヒヒ。崖の上に草原があり 他の動物が近づけない。1頭のオスと数頭のメスが家族を作る。他のサルが近づくと威嚇の表情をつくり追い返す。ほぼ一日中座って草木や植物の花をむしり食べています。夜になると絶壁で仲間同士寄り添って暖め合って眠ります。

アフリカ ガボン共和国「ロペ・オカンダの生態系と文化的景観」

ガボン共和国の ロペ・オカンダの乾期でも涸れない川に沿って細長い森ができした。食べ物が豊富な森には、いろいろな動物が集まります。絶滅危惧種マンドリルが生息することで有名な世界遺産です。オスが赤い鼻と青い頬の派手な顔のサルです。

南米 エクアドル「ガラパゴス諸島」

ガラパゴス諸島」の海に潜るウミイグアナも固有種だ。1時間以上海に潜り 海藻を食べる。

タンザニア「セルー動物保護区」

アフリカ タンザニアの「セルー動物保護区」はカバの王国。大きなものは3トンにもなる。カバのオスは、優劣を決めるときに、口を大きく開けて、口の大きさを競い合います。得意技は水中を走ること。水より比重が大きいカバは沈んでしまうため泳がずに水中を走って移動する。

マレーシア「キナバル自然公園」

ボルネオ島にある 標高4100mのキナバル山を中心としたキナバル自然公園は、標高が高くなるにつれて熱帯雨林のジャングルから針葉樹、高山植物などさまざまに植物相が変化し、その環境に合わせて多種多様な動物が繁殖しています。地底の花崗岩が隆起して生まれた。滑り落ちる斜面は氷河が削った。今も1年に5cm隆起し続けている。
世界最大の花 ラフレシア は直径1メートルにもなり、世界一大きい花として知られています。光合成ができないので、他の植物に寄生して成長します。ラフレシアは「奇跡の花」とも呼ばれていて、つぼみの期間が約9か月もあるのに対し、花が開くと3~5日しかもたないのがその理由です。
オランウータンは体長1.5m 体重80kgもあり 子供がしがみつきながら 木から木に移動し、毎日木の上に 枝を畳んで新しい寝床を作る。

南太平洋に浮かぶフランス領「ニューカレドニアのラグーン」

南太平洋の楽園の島ニューカレドニア 美しい珊瑚礁、白い砂浜。そののビーチで暮らす珍獣がいる。大きいものは400kgにもなる海の哺乳類ジュゴン。好物は砂地に生えた海藻で 硬い唇でむしり取り食べる。

パプアニューギニア 「クックの初期農業遺跡」

パプアニューギニアは南西太平洋地域にあり、ニューギニア島東半分周辺の島々からなる国です。文化の多様性だけでなく、生物の多様性も誇る国で、ビーチやサンゴ礁でも有名です。内陸部には活火山の他、花崗岩のヴィルヘルム山、草木の生い茂る熱帯雨林。有袋類のクスクスが住んでおり 彼らは木の上で暮らすカンガルーの仲間。1年近く おなかの袋にいれ 盆中を与えて育てる。かつてニューギニア島はオーストラリアと陸続きだった。

TBS 世界遺産 「琉球王国のグスク及び関連遺産群」 サンゴが生んだ海の王国

2022年6月19日放送
サンゴ礁の島、沖縄本島。かつてここに、独自の文化を花開かせた琉球王国があった。
グスク」とは12世紀から15世紀の 琉球王国時代に王や英雄が サンゴでできた琉球石灰岩を積み上げて築いた城のこと。琉球王国 最大のグスク首里城。2019年の火事で正殿を含む中心部が消失し 2026年の正殿復原を目指す。
琉球では、木々や岩、岩陰に神が下りてくると信じられてきた。グスクはみな、祈りの場が発祥である。また、ガマと呼ばれる琉球石灰岩の洞窟にも人々は祈りを捧げてきた。
2000年12月に世界遺産に登録されたのが、琉球王国の中心であった首里城を始めとして、今帰仁城跡(なきじん)、座喜味城跡(ざきみ)、勝連城跡(かつれん)、中城城跡(なかぐすく)、園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたき)、玉陵(たまうどぅん)、識名園(しきなえん)、斎場御嶽(せーふぁうたき)。
沖縄の人々は、水平線の彼方に楽土「ニライカナイ」があると信じてきた。最初に神が降り立ったと言われる久高島を望む琉球随一の聖域、斎場御嶽ではかつて、王国の最高神女の就任儀式が行われ、儀式に使われた聖なる水は、今も絶えることなく鍾乳石から滴り続ける。

世界遺産

・西太平洋のミクロネシア地域 パラオ 「ロックアイランド群と南ラグーン」

・タヒチ ライアテア島にある古代宗教の祭祀殿「タプタプアテア」。ハワイ、ニュージーランドからお参りに行った。

世界ふれあい街歩き 選「マレ〜モルディブ〜」

2015年3月31日 初回放送
モルディブは 1,000 を超える珊瑚島と 26 の環礁からなるインド洋に浮かぶ 世界的リゾートで「インド洋の真珠」と呼ばれる。その モルディブの首都 マレは東西2km 南北1km 歩いて1周しても1時間半の小さな島に10万人以上が暮らし、人口密度の高さでは世界有数の首都です。
モルディブの島々は はるか昔 火山が沈下してそのまわりのサンゴ礁が海の上に残った 環礁 (かんしょう)から成っています。マレもサンゴの上にできた島なので 街の中でも古いサンゴの壁が見られます。
マグロ・カツオを漁師が市場で直売。人数が多く2部制の学校に送り迎える 多くの父兄達。足を洗いモスクで祈る人達。エメラルドグリーンの透き通った美しい海で服のまま泳ぐ信心深い人々、海に作られた25mプールで練習するナショナルチーム。1つ屋根の下で暮らす40人家族。

グルメ
1.ヘディカ:夕方4時のおやつタイムに欠かせない 様々な具材 形の軽食全部。中でもカツオ節と野菜を炒めて包んで揚げた「パジャ」が人気。
2.ボンディ:ココナツとヤシのお酒のシロップを練ってバナナの葉で包んだ伝統的なスイーツ。
3.マスフニ:朝ごはんの定番。モルディブ料理に欠かせないココナツの果肉と、カツオ節にタマネギ、香辛料を入れてこねたもの。これを生のままクレープのような生地に包んで右手で食べる。

バビンファル島は、マレからスピードボートで20分、北マレ環礁に位置するリゾートアイランド。サンゴ礁の海で、ウミガメと一緒に泳げます。
やしの木に囲まれた一周10分の小さな島で絶滅危惧種のウミガメの営巣地。天敵に食べられたりして、大人になるウミガメは、千匹にたった一匹なのだそうです。島ではウミガメやサンゴの保護に力を入れている。桟橋では エイの餌付けも見ることができます。

ガラパゴス諸島 南米 エクアドル

世界不思議発見 超個性派!世界遺産ミステリー オンリーワン♡ガラパゴス

TBS 2022.5.7 OA
ガラパゴスからは、現地で旅行会社を営む市川さんが生き物や大自然の様子を紹介。
ガラパゴス諸島は19の主な島と小さな島や岩礁から構成されています。エクアドル本土から1000キロメートル 太平洋上にあります。世界遺産第一号の1つとしても有名です。
宿泊施設がないので 観光客は船に寝泊まりする。今回は定員36名の中型クルーズ船で11泊12日 9つの島に上陸。料金およそ66万程。植物や砂など持ち込まないよう細心の注意が払われる。

サン・クリストバル島 北部には アオアシカツオドリ 足が真っ青、他に 赤・緑がいる。
サン・サルバドル島 溶岩の波打つ模様が残る岩。島々は海底火山で誕生。現在も屈指のホットスポット。
すぐそばのバルトロメ島 小さな島で 溶岩台地で初めての植物 溶岩サボテンが見られる。

「ガラパゴス」とは「ゾウガメ」を意味します。島にはグンカンドリガラパゴスペンギンガラパゴスゾウガメなど数多く棲息しています。

フェルナンディナ島 ガラパゴスウミイグアナがずっと重なり合っています。ガラパゴスベニイワガニはジャンプして岩から岩に飛び移る。
サンタ・クルス島 ガラパゴス ロブスターが食べられる。

Photo by Andy Brunner on Unsplash

プレシャスブルー ~ガラパゴス 奇跡の海を撮る~

NHK BSP 2017年3月初回放送
フリーダイバーの二木あいさんが世界の海に潜る人気シリーズ第4弾。今回の舞台は「絶海の孤島群ガラパゴス」ガラパゴス諸島は進化の実験場と呼ばれ、固有生物の宝庫である。
二木さんは 水族表現家。空気ボンベを使わず、海洋哺乳類と同じ様に自分の肺一つで潜り、彼らの中に溶け込むことで仲間の一員となり、ありのままに、ある時は被写体、ある時は自身が撮影者になる。

サンタ・クルス島 アシカ14頭と素潜りで泳ぐ。
キッカーロック メキシカンホグフィッシュマダラトビエイガラパゴスシェークガラパゴスシーロビンに出会う。アオウミガメ とは正面で向き合う

保全活動をしている人の案内で ガラパゴスの黒い岩は海底火山ででている。1千万年前 ホットスポットから溶岩が噴き出し島々ができ 一度も大陸と繋がっていないので固有種が生まれた。
↓ ← の暖流→寒流クロムウエル海流 深海の栄養を上に運ぶ湧昇流、↑ペルー寒流 が交わるので栄養豊富で 多くの魚が集まる。
ガラパゴスゾウガメは海流に乗ってやってきて独自に進化。流れ着いた島で甲羅の形が鞍型・ドーム型と異なる。

フェルナンディナ島 ガラパゴスウミイグアナは世界で唯一潜るようになったウミイグアナで 数十万頭いる。大きいものは体長1mもあり 小さな恐竜のようです。大陸から流れ着いたが 火山で生まれた岩だらけの島なので 海に入り 岩をつかみ クロムウエル海流でよく育った海藻を食べることで生き延びた。
栄養豊富な海なので 魚の群れの密度が高い。 その中を
ハンマーヘットシャーク はカナヅチのような頭をしたサメで ボートほどの大きさがあった。

鳥たち
サン・クリストバル島 北部に住む アオアシカツオドリ は足元が真っ青。体長80cm 求愛行動がかわいい。
カッショクペリカンは大きな体をダイブ 袋状のくちばしで 海水ごと魚を捕る。それを狙う アメリカグンカン鳥 オスは赤く大きな喉仏。空中から 水面近くの魚を奪い取る。負ければ死が待っている。

ベリーズのバリアリーフ保護区 〜 絶景!カリブ海の楽園 ベリーズ

TBS 世界遺産 2022年7月10日放送
カリブ海の小国ベリーズバリアリーフ保護区だ。およそ250kmに渡って様々な形のサンゴ礁が連なる。世界で2番目の大きさで、北半球では最大のサンゴ礁地帯で 光が降り注ぐ浅瀬の海は生き物の楽園だ。
ライトハウス・リーフには その中に真っ青な丸い 直径は300mもの ブルーホールがある 。穴の縁はサンゴ礁になっている。水が深い青色をしているのは 水深が深いからで 125mもある。海上にあるサンゴの死骸などでできた石灰岩層の陸地が地下水などに浸食されて陥没し、その後 海面上昇で陸地が海の中に沈んだことでできたとされる。
ベリーズのサンゴ礁地帯には大小さまざま、450に及ぶ島(キー)が浮かんでいる。どれもがサンゴの砂の美しいビーチ。中には人が暮らす小島もあり、彼らは漁業を生業にしている。

「シアンカアン」メキシコのユカタン半島

ベリーズの北、メキシコユカタン半島 「ブルーホール」と同じ成り立ちの「セノーテ」という泉が陸地にある。シアンカアンは東京都の2.5倍もの広さを誇る広大な自然保護区。カリブ海に面し、ビーチや浅瀬のラグーン、湿地などさまざまな表情を見せる。内陸には「セノーテ」が点在し その数3000ともいわれる。セノーテに潜ってみると 巨大な水中洞窟で 他のセノーテに繋がっていた。

世界ふれあい街歩き 夏SP 「楽園!ハワイ&太平洋の島スペシャル」

ハワイ

・オアフ島 ハレイワ(2017年放送)

ハレイワは10mを超す波が押し寄せることもある サーファーの聖地です。
出勤前にサーファーに来てた青年、 仕事のあとも来るそうです。72歳の女性サーファー。
ウクレレを作りトロフィーにする人。

・オアフ島 ホノルル(2012年放送)

ホノルル ダイヤモンドヘット ジョギングする人が多い。
ダウンタウン ハワイ王朝のイオラニ宮殿 で王朝時代からの楽団が活動していた。活発な市場が会った。

グルメ:ハワイ料理 カルアピックは 豚の丸焼き

・ハワイ島 ヒロ(2012年放送)

ハワイ島のヒロは出稼ぎに来た 日本人が築いた街で、大きな建物がなく 大きな木があり 古き良きアメリカです。
ヒロ湾に面したカメハメハ通り付近には 今も昔ながらの街並みで 布団屋さんや大正寺もあります。太鼓の練習をしていた。
2017年 再度訪れる。カワモトというベジタブルストアがあった。巻き寿司、煮物などおふくろの味を売っていて 多くの日系人が通っていた。
ハワイ日系人協会があって 移民する際 ハワイにカゴ1個に荷物を詰めてきたそうで そのカゴや 仏壇、写真などが展示されている。盆踊り大会を今も毎年開いているそうだ。

・ハワイ島 カイルア・コナ(2014年放送)

カイルア・コナには こじんまりしたビーチがあり 犬を訓練していた。名前を尋ねると 「ハワイで 名は、その人が何者か説明するもの」で犬は「働く生命」で飼い主は「正義の天秤」だそうだ。
溶岩の大地にある公園の 雑草の草を抜く多くのボランティアがいた。そこに咲く 一夜だけのサボテンの花。ギャラリーで孫とともに絵を描く おじいさん。1972年から 住んでおり 海岸に当時10軒だった家が2000軒近くにも増えた。ずっと 海岸と夕陽を描いていた。ヴォグといって空気中にと火山灰が混じり合ったもので 夕陽がとてもきれいに見える。 レポーターも絵と同じ景色を見た。

・マウイ島 ラハイナ(2014年放送)

ラハイナは「残酷な太陽」の意味がある。古そうな建物が並ぶ。
逆でをとって、太陽光を虫眼鏡で集め ヤシを削ってプレートをつくる男性に会った。
アカシアの木で スケボーやテーブルを作る人達がいた。
その中で ボブ・オルソンさん(84)がいた。マウイ島で使われているロングボードの半分以上が彼の作だそうだ。
2017年 日本に住むサーファーも 4本持っているという レジェンド ボブ・オルソン氏が作るサーフボードのお店を訪ねる。50年以上 ハンドシェイプで板を削り続けている。彼の名を冠した大会もあるそうだ。

タヒチ パペーテ(2007年放送)

フランス領ポリネシア のタヒチ パペーテ。18世紀 最後の楽園と言われる。
タヒチの島々から マルシェに朝から集まります。ハイピッカス花を飾る位置には意味があり、左耳の上だと「既婚、もしくは恋人あり」、右耳の上だと「独身、恋人募集中」だそう。
川で大きなウナギと遊ぶ男の人達 タヒチではウナギは神様 ヤシのみの化身とあがめられる。
倉庫街 太鼓に合わせ タヒチアンダンスを踊る人達。
グルメ:タヒチの郷土料理「ポワソンクリュ」。マグロの刺身と野菜をココナッツミルクでマリネ。

ニューカレドニア ヌメア(2017年放送)

ニューカレドニアの首都ヌメアは「 涙のような清らかな海」と呼ばれる砂浜がある。
日系の夫人が 朝集まって 南国フルーツたっぷりのミルクシェークを食べ 日本に桜を見に行こうと話していた。市場には 釣ったシイラがあり 寿司においしいよと勧められる。住宅街に行くとカラフルなコロニアル様式だった。

グアム(2016年放送)

遠浅のビーチで 18万人が住むグアムに 年間130万人の観光客が訪れる。
原住民チャモロ人による、グアムに古くから伝わるチャモロ文化 カヌーを作り、赤ふんどし、タトゥー。孫の誕生パーティーのバーベキューをするのは男の仕事。カラフルな水牛は戦時中輸送に使われた。
グルメ:チキンのケラグエン チャモロ人の伝統料理で ココナツを使い、スパイスやビネガーとともにチキンを和えた。

タイトルとURLをコピーしました