GoogleマップでWeb旅行!紛争の傷跡の残るクロアチア

関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅 クロアチア(2016.10 初回放送)
豊かな自然と文化の国、クロアチア全土を鉄道で巡る10日間、1600キロの旅。
アドリア海沿岸のスプリトからリエカ、緑豊かな大地をめぐり 首都、国際電車でコプリヴニツァへ、 ハンガリーに近い穀倉地帯を抜け 紛争地帯だったヴコヴァルで戦いの傷跡を見て首都に戻った。
世界ふれあい街歩き 古代遺跡に住むスプリト & ヨーロッパ空撮紀行 クロアチア

Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

アドリア海沿岸のダルマニア地方は 乾燥した台地

・スプリット:赤い屋根の連なるクロアチア 第2の都市。海洋交易の十字路として発展。
ローマ時代の宮殿が残る。世界ふれあい街歩き(後で紹介)。

(アドリア海を北上、アドリア海に面したダルマニア地方は乾燥した石灰岩のカルスト台地が拡がる)

・ドルニッシュ:白い石灰岩の大地 、ヤギ、ヤギ皮のパイプオルガンで歓迎を受ける。
カルスト台地を掘った 命の井戸で牧畜を行う。踊りでもてなす。
(1両編成のディーゼル 機関車)

・クニン:25年前に 戦乱で爆撃受け 生々しい傷跡が残る。待っていた列車はなぜか運休、代行バスでザダルへ

かつて ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の一員だったクロアチアは 1991年独立を宣言。
それを阻止しようとするセルビア人勢力と戦争になった。
かつて 同じ国民として仲良く暮らしてた民族が敵と味方に分かれ4年間に渡って戦った。
その後 ユーゴスラビアは解体され クロアチアをはじめ7つの共和国と1つの自治州に分かれる。

・ザダル:この町もクロアチア紛争で爆撃を受けた。復興し 今海外からの観光客を迎え入れるまでになった。栄養豊富な泥を体に塗る「癒やしの泥」、海岸にある階段は 波と風の力で奏でる「シーオルガン

近くのパグ島:海風を受けミネラル分の豊富な 多くの種類の牧草を食べた羊のミルクからできるチーズ、島の女性達が編み込んだレース
(代行バスでクニン まで戻り、代行バス)

・ゴスピッチ:最新式の高速列車でカルロヴァツ
(車窓は 緑豊かな大地が拡がる)

緑豊かな大地

・カルロヴァツ
近くの森と泉のプリトヴィツェ湖群国立公園(世界遺産)。
16の湖と92ヶ所の滝,ヴェリニキ滝 落差78m。湖の底に石灰華が見られる。

Photo by Mike Swigunski on Unsplash

・カルロヴァツからオグリンを経て 客室はガラスで区切られたコンパートメント

・リエカ:イストリア半島の港町、クロアチアで3番目に大きい。遠くに見えるイタリアの ベネチアとの交易もあり中世から貿易港として栄えた。伝統の祭り「ベル鳴らしうの男達」
オリーブやぶどうが採れる。名産品 黒いダイヤ トリュフを産出

折り返し オグリンで乗り換え カルロヴァツを経て

・ザグレブ:首都、古い建物の残る 美しい街。政治・経済・文化の中心地
階段を上った丘の上に旧市街 が拡がる。中世に作られた面影を残す。風変わりな「壊れた関係博物館」、マクシミル公園俳句の句会が開かれていた。

(国際列車 ハンガリーのブダペスト行き、穀倉地帯を抜ける)
・コプリヴニツァ:農民たちが描く世界でも珍しい絵画”ナイーブアート“の素朴な美しさ

ハンガリーに近い穀倉地帯 紛争地帯だったスラヴォニア地方

トウモロコシや小麦、様々な果樹が栽培されている、アナ売りに行く81才の女性

・ナシツェ:かつて クロアチア有数の穀倉地帯として農業が盛んでしたが 今若者が都会や海外に出て過疎化が進む。ジュースを作り 村の雇用が増えた農家

ハンガリー、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナの3つの国と国境を接してるので、古くから争いが絶えなかった。

・ヴィンコヴツィリュリュの祭り…かつてオスマン帝国の兵士がこの村から男達を連れ去り 残された女達は敵地に乗り込み命がけで男達を救った。

列車はディーゼルの1両編成
・ヴコヴァル:セルビアとの国境の街 、1991年~1995年 セルビアと戦った激戦地。
かつて 同じ国民として仲良く暮らしてた民族が敵と味方に分かれ4年間に渡って戦った。
国境のドナウ川に橋はない。距離が近いため 戦いは昼夜を問わず行われた。
戦争の記憶をとどめようと 病院の一部が博物館になっています。
負傷者が廊下にまであふれた。多くの亡くなった人や不明者のプレート。
爆弾が落ちたままの廊下。

ほとんどの主立った建物が被弾 今も銃創や砲弾の跡が残る。
戦争の傷跡の残る学校がまだ使われています。
現在 クロアチア系とセルビア系 同じ小学校で学び クラスは別で授業受けている。

スラヴォンスキ・ブロド:この町もクロアチア紛争が激しかった。
従軍カメラマン だった人に会い 紛争の写真を見せてもらい、亡くなった男の子の兄と父に会う。

・ザグレブに戻り 旅は終わった。

世界ふれあい街歩き「古代ローマの宮殿が街に スプリト〜クロアチア」

・スプリット:世界遺産「ディオクレティアヌス宮殿のあるスプリトの歴史的建造物群ヨーロッパ鉄道の旅の出発駅でした。
ローマ帝国の皇帝ディオクレティアヌスの隠居用として宮殿が作られた。
その後宮殿は廃墟となり、後に戦乱を逃れた人々が住みはじめて、遺跡の上に次々と建物を増築していきました。そのため、古代と中世の建物が混ざり合う独特の街並みとなりました。
200m四方の高い城壁をお店の壁にしたり、天井に丸い穴 その先の列柱広場 皇帝の住まいの真向かいに 先祖代々住む女性、かつての広い道路は石造りの家々に埋め尽くされ まるで迷路のよう。
神殿の屋根の端が500年前の民家の中に食い込む。家の隣に古代の浴場の遺跡があり 補修もいろいろ規制があるという。
皇帝ディオクレティアヌスはキリスト教徒を大弾圧、しかし彼の霊廟跡に7世紀にキリスト教の大聖堂が建てられ その後鐘楼が追加される。
宮殿の地下は当時のまま残されており 1万本の花で飾ろうとしていた。
人が暮らすからこそ遺跡が生き残る。

郊外のマルヤン森林公園から 宮殿 アドリア海が一望できる。

Photo by Nathanael Lim on Unsplash

・オミシュ:12~14世紀海賊の砦があった。ベネチアも海賊を恐れていた。今も「海賊フェステバル」がある。海賊はベネチアの支配と戦い 街を救った。現在も岩山に海賊の砦跡が残っており 若者がジップラインを楽しむ。

そのほか

・ドゥブロブニク:中世には海洋交易によって都市国家として繁栄した。高さ25メートルもの強固な城壁に守られ ドゥブロブニク旧市街世界文化遺産として登録されます。
1991年の内戦で壊滅的な被害を受け一時は危機遺産リストに登録されますが、市民の手で復元され「アドリア海の真珠」と謳われた、中世建築の粋を集めた美しい街が甦えりました。
ドゥブロブニク大聖堂 聖母マリアが肉体と魂を保ったまま天国へ召されたという「聖母の被昇天」を記念した大聖堂です。

すろー
すろー

私が学生の時習った ユーゴスラビアしか 浮かびません。イタリアとギリシャの間なら きっと景色のいいところだろうなと テレビ見ていたんですが 砲弾跡が各地にありました。なぜ クロアチアとセルビア こんな近いところで 4年以上に渡ってた戦ったのか よくわかりません。勉強しなければ!

ヨーロッパ空撮紀行 クロアチア アドリア海岸

クロアチアは九州の約1.5倍の面積があり 人口は406.8万人、地中海の一部アドリア海に面し 海岸線は1800Kmに及び1200もの島々がある。その多くは無人島です。クロアチアには入り江が無数にあり、観光事業に力を入れている。以前は多くの観光客が訪れていましたが 内戦の影響で客足が島のいてしまった。

テラシュチカ湾:ラテン語の名前が付けられているのは かつてこのあたりがローマ帝国の属州だったためです。この美しく静かな入り江は ヨットなどマリンスポーツを楽しむには最適の場所です。

クロアチアは戦乱に満ちた複雑な歴史をたどってきた。10世紀前半に始めて独立国家形成、12世紀初頭ハンガリーに征服され 以降入れ替わり立ち替わり大国の支配を受けた。その後オスマントルコが支配、続いてオーストリア・ハンガリー帝国、一時はナポレオンの支配下に入ったこともある。第一次世界大戦後はユーゴスラビア王国の一部となるが、第二次世界大戦中にナチスドイツの傀儡国家として独立、戦後はユーゴスラビ共和国の1つとなる。1991年に独立したものの 国内のクロアチア人とセルビア人の間で大規模な内乱が起きた。

シベニク:中世の初期に作られた 古い歴史を持つ街。世界遺産 聖ヤコブ大聖堂
多くがカルスト地形で雨水で石灰岩が溶け生まれた。

クラパニ島:とても小さな島で 海綿の産地として知られる。

トロギル:世界遺産で6つの教会がある。ヨットハーバーがある。

・スプリット(前記参照)
・ドゥブロブニク(前記参照)

ヨーロッパ空撮紀行「クロアチア〜首都ザグレブから海岸地帯」

・ザグレブ:首都(前記参照)
ローマが作った要塞都市でクロアチアの1/5の人が住む。市の中心には,ネオ・ゴシック様式の大聖堂がそびえ,中世の面影を残しています。市内には,350年の歴史をもつザグレブ大学をはじめ,音楽院など数多くの文化遺産を有しています。

・カルロヴァツ(前記参照)
・リエカ(前記参照)

・ノビグラード 材木商の街、現在は大リゾート地

・ロビニ:リゾート地、海産物の加工、タバコ製造工場、ロマネスク建築の教会がある。

ブリオニ諸島:かつて マラリアの流行地帯だったが、今はユーゴのチトー大統領のもと別荘がある高級リゾート地

・プーラ:ローマ人の軍事基地として作られた。コロッセウムが残っている。

・ザダル(前記参照)
・クニン (前記参照)

タイトルとURLをコピーしました