GoogleマップでWeb旅行!「ヨーロッパ 崖の上に街があった」

NHK BSP 2020.7 OA 神秘のヨーロッパ 絶景紀行「崖の上に街があった」
ヨーロッパには今にも落ちそうな断崖の上にいくつもの街がある。まさに天空の街で どこも絶景スポット。エーゲ海のサントリーニ島、フィヨルドを見下ろす農場、ポルトガルの巨岩の中の家並み、そしてシチリア島の聖地。

Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

神秘のヨーロッパ 絶景紀行 「崖の上に街があった」

白亜の三日月☆ギリシャのエーゲ海 サントリーニ島

ギリシャエーゲ海にあるサントリーニ島の中心の街 フィラです。険しい山並みが雪をかぶっているように見える、山の尾根に連なる白い家並み。しゃれた家が崖にへばりつき 多くは洞窟を利用し 崖に横穴を掘って奥まで部屋が続いている。港から続くジグザグの580段もある石段。ロバが人や荷物を運びます。
現在、観光地となっているサントリーニ島、半世紀前までは 貧しい島 雨は少なく 崖は険しい。
サントリーニ島は三日月型をしており、その頂上部にはいくつもの街が点在しています。
フィラのすぐ北にある人気リゾート地の イメロヴィグリもそのひとつです。崖の街は階段だらけ、洞窟を利用した家、ホテルなどが造られています。
コロナのせいで 街は死んでしまった。
すぐそばのスカロスの街の跡(Skaros Rock) 13世紀に ここを支配したベネチア人が作った。海賊をすぐに見つけられる。18世紀に大きな地震が来て 人々は去って行った。

過去に何度も地震や火山の噴火が起きましたが、3万年前の噴火と地震によってカルデラが沈んだことで、サントリーニ島は三日月型になり、カルデラの中心であり現在も噴火を続ける ネア・カメニ島と別の島になった。

今も古代ギリシャ文明の ティラ遺跡 が残っています。

島の反対側 洞窟が家になっていて その上でワイン用のブドウが栽培されています。火山灰の土地が適しているのです。崖の中腹にある 聖アンドニオス教会」は1000年も前に洞窟を利用して建てられものでした。

悲劇に消えた街 ☆ ギリシャ ヒオス島 アナヴァトス

隣国トルコまで8kmの「ヒオス島」の街 アナヴァトス は中世に築かれましたが、19世紀にオスマン帝国が襲い、その後の地震で廃虚になりました。 虐殺があった島としても知られている。

フィヨルドの一軒家☆ノルウェー シェオースン

ノルウェー ハルダンゲル・フィヨルド を見下ろす高所にある集落 シェオースン 子山羊の丘の農場 はかつて一族が経営していたが、現在は ここで生まれ育った高齢(89歳)の女性が一人で生活していました。1年の半分を自分の生家で暮しているのです。

干潮の城☆イギリス コーンウォール地方 セント・マイケルズ・マウント島

イギリス南部のコーンウォール地方です。小さなセント・マイケルズ・マウント島は信仰の対象であり、12世紀には修道院が建てられ、多くの巡礼者が訪れる。その後は貴族の館も建設され、その子孫たちが住んでいるそうです。
干潮になると現れる道を歩いて島に渡ることができます。ちなみに、「セント・マイケルズ・マウント」はフランスの世界遺産「モン・サン・ミッシェル」の英語表記であるのは、かつては管理下にあったからといいます。

巨岩のはざま☆ポルトガル モンサント

ポルトガル 首都リスボンの北東、スペインとの国境に近いモンサント斜面はけして 急ではない でも岩がゴロゴロ。巨大な岩の狭間に家が建っている。崖に埋め込まれたようです。壁にも岩、屋根にも岩何万年も前からある花崗岩の巨石です。岩の下にあるレストランの客席は洞窟の中にありました。岩は壁代わりになっています。元々要塞の街として築かれた街だった。

街を切り裂く断崖☆スペイン ロンダ

高さ100mの崖の上にあるのは、スペイン南部のアンダルシア地方の街 ロンダ。街の真ん中にある深い裂け目に 18世期に石で造られた「ヌエボ橋」が架けられた。一方がイスラムが築いた旧市街で、もう一方はキリスト教徒が後に築いた新市街です。スペインで最も伝統がある闘牛場。もう一つの橋「ビエホ橋」アドベンチャースポーツ好きの 市の職員が 崖を降り清掃しているところに出会いました。
レストランから 古代ローマ時代の遺跡が見つかったそうです。当時の ロンダは交通の要衝で 周辺には肥沃な土地が拡がり 周囲を見張るにも もってこいでした。イスラム王朝が支配し築いた城壁沐浴場も残っています。 イスラムが去った後に街は造り変えられ、今の街並みができた。崖の上に建てられ住宅を 見せてもらうと、岩が堅固であるため安全で 見晴らしが良いため快適なのだそうです。

Photo by Hasmik Ghazaryan Olson on Unsplash

岩窟の黒いマリア☆フランス ロカマドゥール

フランス南部の丘陵地帯 にある ロカマドゥール崖と一体になったような建物がある。 キリスト教の聖地で 聖母マリア像がある。かつて司教の館だったが、今は誰も住んでいない。下の街には宿やレストラン 土産店が並ぶ。12世紀にカトリックの聖地の1つとして定められ 多くの人々が巡礼として訪れる街です。
216の階段を上ると聖域に入る。聖域には7つの祈場があり 崖の下には礼拝堂 遙か昔から ロカマドゥールの洞窟には 聖母マリア像があったと伝えられますが今はない。12世紀に作られたた 黒いマリア像が街の ノートルダム礼拝堂 に安置されています。遭難しかけた船乗りを救うなど数々の奇跡を起こした。

海に浮かぶ街☆フランス コルシカ島 ボニファシオ

ナポレオンが生まれた コルシカ島の南端、海にぽっかりと赤い屋根の街が浮かんでいる、ボニファシオの旧市街です。左の大きな建物は兵舎だった。旧市街の人口はおよそ800、古い建物を大事に使っている。石灰岩でできた垂直な崖の上にあり、岩は次第に浸食され 建物が崖からはみ出している。天然の良港があるため、周辺の国々がその領有を巡って争ってきた。

世界で最も美しい丘の街 ☆ イタリア オルヴィエート

イタリア中部、ローマの北方 オルヴィエート(オルビエト) 。火山の噴火で露出した岩の上に、紀元前9世紀、先住民族のエトルリア人が街を築きました。今でも地面を少し掘れば遺跡が見つかると言われる。中世には崖を利用した城壁が築かれ、堅固な城壁都市として発展した。

削られる街 ☆ イタリア チヴィタ・デイ・パニョレージョ

オルヴィエートの南方約15kmには 全長300mの橋でしか行けない街がある。
崖の上にあるチヴィタ・デイ・パニョレージョ は。元は5つの門がある交通の要衝でしたが、地震や地滑りによって地面が崩れ、18世紀には「陸の孤島」になりました。地盤の凝灰岩は脆く、今も風化が進んでいる。この街出身の作家は「死にゆく街」と言った。住民は11人、街を離れがたい人だけが残っている。

天空の神々 ☆ イタリア シチリア島 エリチェ

雲の中に街がある。シチリア島 標高751mの崖の上にある エリチェ(エーリチェ) 。先住民が住み着いてからおよそ3000年、時空を超えて生き続ける天空の街褐色の建物がひしめき あちこちで教会のドームが突き出している。現在は200人ほどが暮らしている。
エリチェの街から突き出たところに 遺跡があり 遠い昔 先住民はここに女神を祀った。女神の信仰はその後エリチェにやってきた 様々な民族に受け継がれた。天空のエリチェは豊かな守り神に見えたからともいう。いつしか「ヴィヌス(ヴィーナス)神殿と呼ばれるようになった。
しかし キリスト教の拡がりと共に廃墟となり、12世紀にこの地を支配したノルマン人がここに要塞を築き、その周辺に街ができ、たくさんの教会が建てられた。今も30の教会が残る。 だが、常駐する 神父は一人しかいない。

聖ジョヴァンニ教会(サン・ジュリアーノ教会)の屋根が乳房型でエリチェ風。中世 エリチェには巡礼の人達が来たので 停まる場所を提供した。
エリチェは教会の街とも言われる。聖フランシスコ・サルジオの家 ふだん公開されていない教会、王族の館のようで 18世紀の礼拝堂 天井は複雑な構図の絵が残っている。

また、ヴィヌス神殿 の石を使って14世紀に建てられたマトリーチェ教会(聖母被昇天大聖堂の鐘楼) は19世紀に内部が改築されて 色合いが淡くとても柔らかな印象を与えます。
エリチェの崖の上に暮らす人、エリチェは霧が立ちこめていると 洗濯物が乾かない、不便でもあるが 素晴らしい絶景を楽しんでいる。

タイトルとURLをコピーしました