GoogleマップでWeb旅行!自転車旅 ▽マルタ島からローマへ

NHKBS TBSのイタリア各地の世界遺産や ローマ帝国の番組 いろいろ 地図に印を付け備忘メモを作りました。
Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

自転車旅 ユーロヴェロ90000キロ・太陽の道▽マルタ島からローマへ

NHKBS 2022.4.30
ヨーロッパで整備が進むサイクリングルート・ユーロヴェロ。完成すれば全長9万キロにも及び、42カ国を結ぶ 17ものルートで自転車旅を楽しむことができる。
今回 ドイツ ベルリンの保険会社で働き 週末は YouTuberとしても活躍する アキラ(31才)がユーロヴェロ7(EV) を走ります。マルタ共和国のヴァレッタを出発点に 14日間かけて およそ1250キロ離れた イタリア・ローマを目指す。
旅のメンバーは総勢8名で、ドローン・バイク・車・コーデネーターが含まれます。

コロナの中の旅でした。自転車旅ジックリ見せてもらえて良かったです。

マルタ島(マルタ共和国)

シチリア島の南に位置する小さなマルタ島、首都 ヴァレッタは 聖ヨハネ騎士団によって築かれた城塞都市で世界遺産に町全体が指定されている。
アッパー・バラッカ・ガーデン:グランドハーバーを望む絶景スポット

マルサックスロック:島 東部の港町、赤い城壁沿いの 細い道を抜けて港に 小舟はとてもカラフルで目がついている。バットラックから守ってくれる。
レストランは自分で探し 撮影交渉も行う。マルタは1964年までイギリス領で、公用語はマルタ語と英語です。昼 メカジキのグリル。

EV7は太陽の道とも呼ばれ 海岸沿いの道が多く日の光や その美しさを存分に味わえるルート。サンセットを見ながらディングリの崖通過。

イムディーナ:元 首都で、門を入るとイルミネーションが飾られ 城塞の中に 中世に建てられた貴族の館が並ぶ。聖パウロ大聖堂
(DAY 01 45km)

(DAY 02)
特別にイムディーナの市内を自転車で廻る。建物と建物の間の細い道駆け抜ける。

シチリア島

(DAY 03)
朝5時 マルタからフェリーでシチリア島に向かう。ユーロヴェロは交通機関と連携している、船や鉄道も体力にあわせ 利用できる。2時間でシチリア島 ポッツァッロに到着
ロゾリーニでオレンジ購入、上り坂をあえぎながら ノート
※ノートは1693年の地震で全壊 当時流行のバロック式で再建された街、バロックの宝石とも呼ばれ美しい街並みは世界遺産に登録された。

(DAY 04)
車でエトナ山へ。富士山のような形 地中海で最高峰の活火山 エトナ山 標高 3300m。
標高 1900m付近の山小屋でガイドと合流。 電動マウンテンバイクで プロのガイドと一緒なら2750m付近まで行ける。砂がカスカスする道 去年だけ58回噴火したので あらたな火山灰で滑る。
コツをつかみ強風の中 カターニアの街が見える 2200m地点まで登り 引き返した。

(DAY 05)
エトナ山から タオルミーナ目指す。崖の上に建物が乗っている。きつい坂 押して登る。
門をくぐると広場と教会、複数の鐘の音。シチリアのシンボル3つの脚を持つメデューサ。
タオルミーナ イタリア随一の高級リゾート地。映画「グラン・ブルー」の撮影地としても知られる。
湾になった海、エトナ山が見える。アマチュアレースで100回優勝している おじさん達に会い 自転車のポジション見てもらう。
シチリアの伝統的な朝食 「プリオッシュとグラニータ」カフェのおじさんの日本語力高い

(DAY 06)
シチリア島の北 メッシーナ 駅に着き ここからイタリア本土に渡る。
カメラマンに手伝ってもらい 自転車を分解しバックに詰める。
電車に乗り込む。イタリア本島まで10km 電車毎フェリーが運んでくれる。この電車イン フェリー 運行が始まったのは1905年)

イタリア 本島に電車毎フェリーで渡る

イタリア 本土に着いたら電車はフェリーを出て 走り続けそのまま1時間 ジョイアタウロ駅に。イタリア半島 長靴のつま先に位置するカラブリア州ティレニア海に面し海の美しさが有名です。
山の方に向かいスピリンガへ とても辛い 塗るタイプのサラミ ンヅゥイヤ 温めて パンに塗って食べます。

(DAY 07)
トロペア 40mの断崖に立ち 2021年イタリアの最も美しい村に選ばれた。見下ろす 海は青い、サンタマリア教会のある岩山へ お休みでした。ローマまで 785kmです。

(DAY 09)
トンネルを抜け カラブリア州を抜け カンパニア州に。サレルノを越え 断崖にへばりつくように建物が密集しているアマルフィーへ。 アマルフィーは中世 貿易で栄えた海洋国で 東地中海のビザンチン帝国や北アフリカの アラブの国々との交易で巨万の富を築き発展を遂げた。
※アマルフィー大聖堂 イスラム文化の影響を受けた建築様式
太陽の光を浴びて特大のレモンが育つ。
崖が何層にもなっている 高低差700mの峠を越えて行きます。標高が高くなるとぶどう畑。
途中 ペットのロバの鳴き声に驚く。
グラニャーノ乾燥パスタの発祥の地。スタッフがとってくれた レストランは坂の上。ヴェスヴィオ山、ナポリ湾を眺め ジリというシュートパスタいただく。ローマまで 328kmです。

(DAY 10)
自転車レーンを走り ナポリに到着。ナポリは南イタリア最大の都市で 活気ある下町の風情があふれます。ピザ発祥の地です。とても大きな包み揚げしたピザ食べる。3年前に来たバール(コーヒーショップ)超強いエスプレッソ 水で口をきれいにしてから飲むのがイタリア流。

(DAY 11)
イタリアで150年の歴史のある サーカス お休みなのに 見せてもらうことに。バイクや空中ブランコ練習してました。
パトリア湖を過ぎて 水牛の牧場を眺め、水牛のモッテレラテーズを作っているところで 食べさせてもらう。
ヴィツラ・リテルノ

旧アッピア街道を経てローマへ

(DAY 12)
相変わらず 起伏に富んだ道、自転車に乗っているだけで 応援してくれた。
EV7から少しそれて フィウッジ。ここは紀元前からの歴史を持つ温泉保養地。ここまでの頑張りに 特別な宿を用意しました。

(DAY 13)
未舗装の草と木がすごい道を ゴール間近のローマを見下ろせる フラスカーティを目指す。みんな一緒に走ってくれます。犬の先導した羊の群れが前からやってきた。買ってきてくれた生ハムの固いパンでランチ。
カーヴェ を経て フラスカーティに到着。お疲れ様。古代からローマを見下ろせる避暑地として人気のあった街。豚の丸焼きが有名で ポルケッタのサンドイッチ 食す。ローマまで 約23kmです。

(DAY 14)
最終日 ローマに向かう。古代ローマの中心地に向かう 旧アッピア街道を走る。

「すべての道はローマに通ず」の言葉通り 旧アッピア街道は紀元前312年に建設が開始された 現存する最古の街道。旧アッピア街道もEV7に組み込まれている。2000年前のレンガの建物の一部が残っていた。
街を囲むような城壁 ラテーナ門をくぐって ローマ到着 コロシアムフォロ・ロマーノ 街の中心部だった。トレヴィの泉、最後 ピンチョの丘 サンセットがきれいで ローマの街見渡せた。

Photo by Carla Limatola on Unsplash
タイトルとURLをコピーしました