GoogleマップでWeb旅行!ドイツ ハンブルク&バイエルン

NHK BSP 2022.5.5OA ヨーロッパ空撮紀行 ハンブルク・バイエルンを見た備忘メモです。
ドイツのエルベ川 河口から80キロが湾で 海運で栄えたハンブルグ。
オーストラリアに隣接している バイエルンアルプス 多くの山、湖、城、教会があります。

Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

ヨーロッパ空撮紀行 ハンブルク

全長 1167km ドイツで2番目に長いエルベ川(ラベ川) 。河口から80kmは湾になっており、引き潮の時広大な砂場になり、水鳥たちの格好の餌場になっている。
河口から ドイツ東部のドレスデン まで1000t級の大型船が通行でき 古くから重要な交通路になっている。
ヴェーデルのヨットハーバーは ヨーロッパ1.2を争うほどの大きさ。
ブランケネセ 林の中に白い壁の家々が建ち並ぶ 高級住宅街 美しい白い砂浜が広がっている。

ハンブルクは、エルベ川河口から100キロにある ドイツ第2の都市。神聖ローマ皇帝により関税を免税され 北ドイツ貿易の中心地として発展してきた。14世紀 皇帝直属の自由都市として成長。
何百もの運河が縦横に走り、中心部の近くにあるアルスター湖は人工的に作られた。

ハンブルク市庁舎は 1897年に建てられた 高さ112mの塔を持つドイツ ネオルネサンス様式の建物。
ハンブルク港は ドイツ最大の港19世紀末に建てられた倉庫(シュパイヒャーシュタット)、今は役割を終え アパートやホテルに改築される予定。世界遺産「ハンブルクの倉庫街とチリハウスを含む商館街」

聖カタリナ教会、ザンクト パウリ桟橋、ビスマルクの記念碑、132mの聖ミヒャエル教会
植物園 プランテン・ウン・ブローメン…噴水がライトアップされ音楽と競演。
ケールブランド橋 Köhlbrandbrücke…1700本のワイヤーが使われている。船を通すために 高い位置にある。

エルベ川を遡り シユターデ アルミニュームの工場がある。ハンブルクと羊毛の貿易でライバルだったが敗れ 農業の街に。

ヨーロッパ空撮紀行 バイエルン

バイエルンはドイツ南東部にある ドイツ最大の州。州都ミュンヘン。
南はオーストリア,東はチェコに接する。
紀元直前にローマ人がケルト人を征服して属領としたが,その後ゲルマンの一部族の土地となり,8世紀末にフランク王国,のち東フランク王国に組込まれ 中心となった。 10世紀以後はバイエルン公位の継承をめぐって長い間 争いが繰返された。
12世紀後半からは ドイツ革命で王制が廃止されるまで、ヴィッテルスバッハ家によって治められた。リヒャルト・ワーグナーを庇護し「狂王」と呼ばれたルートヴィヒ2世や、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后で「バイエルンの薔薇」と呼ばれたエリーザベトはヴィッテルスバッハ家の一員である。

スイス国境ツークシュピッツェ山(2963m) は山頂までロープウエーで行ける。
シュタルンベルク湖ノイシュヴァンシュタイン城の建設で有名なルートヴィヒ2世は、1886年にこの湖で水死体となって発見された。
ポッセンホーフェン城 Schloss Possenhofen …オーストラリア王妃 エリザベートが幼少期過ごした。
ライスティング…電波望遠鏡で絶えず衛星を監視する 衛星通信施設がある。
アンデクス修道院 …聖なる丘に立ち 有数の巡礼地。 そばに50平方キロのアマー湖がある。
湖畔に 聖メアリー教会
南北に流れる イーザル川、その川のそばに建つ シェフトラルン修道院は バロック建設で有名。

ヴァッサーブルク a. イン … 河川運輸で発展した町。大規模水力発電所がある。
セオン大修道院
キーム湖…面積80平方キロ バイエルン州で最大、女島 フラウエンヴェルト女子修道院、男島 ヘレンキームゼー城 ベルサイユ宮殿に習って作られた。
南に バイエルアルプス のヴァッツマン山(2713m) ふもとのケーニヒス湖は深さが180mあり、湖畔の聖バルトロメオ礼拝堂 St Bartholomew’s Church には8/24に何千人もの巡礼者が訪れる。
山の頂にはヒットラーの元山莊 ケールシュタインハウス 爆破され 今は人民の家だけ残る。

盆地のベルヒテスガーデンはドイツで最も人気の高いリゾート地の1つで 夏賑わう。
ヴェンデルシュタイン山(1838m)は頂上に礼拝堂と太陽観測所がある。
その西にあるシュリーア湖 湖畔の小さな街もリゾート地として人気
ヴィッテルスバッハー城は この地を支配した ヴィッテルスバッハー家の城
テーゲルン(テーガーン湖)は 746年 最も古い修道院が建てられ それがきっかけでキリスト教がアルプス地方全体に広がった。
ベネディクト会修道院 貴重な文献がある。
リンダーホーフ城…19 世紀に建てられたルートヴィヒ 2 世の宮殿。豪華な内装が施され、鏡やシャンデリアが贅沢に取り付けられている。
ノイシュヴァンシュタイン城…ルートヴィヒ 2 世が17年の歳月と巨額をかけ建てた。

Photo by Anelale Nájera on Unsplash

シュプレーヴァルト ドイツ

NHK-BSP 桃源紀行「シュプレーヴァルト ドイツ」 初回2018.7 OA
ドイツの東部 森に囲まれて20近い村が点在する シュプレーヴァルト
そのうちの1っリューベナウという村 村の中心には大きな通りが1本ある。でも横道に入るとすぐに小川に突き当たる。シュプレーヴァルトには大小様々な水路が縦横無尽に流れていて 総延長は1000キロを超える。この風景を一目見ようと夏には多くの観光客が訪れる。ここは緑のベネチアと呼ばれる。
郵便配達も、ゴミ収集も、牛の移動も船で行われる。家々の玄関は川に面している。
亜麻仁油を絞る。コウノトリ。スラブ系少数民族のソルブ人が暮らしています。イースターエッグが作られる。

世界ふれあい街歩き 「磁器の街 マイセン〜ドイツ〜」

初回放送日: 2016年8月
高級磁器の街・旧東ドイツのマイセンエルベ川の西側の旧市内 丘の上にアルブレヒト城マイセン大聖堂がある。
17世紀の頃、ヨーロッパの王侯貴族の間では、日本の伊万里焼をはじめ 東洋の磁器が大ブームとなった。アウグスト強王は熱狂的な陶磁器のコレクターで、1705年 錬金術師ベトガーに命じて陶磁器の研究をさせた。4年後に白磁の製法を発明したが 王はその秘密を守るため彼をアルブレヒト城に幽閉。ベトガーは37歳の若さで亡くなった。これがマイセン焼の始まりで アルブレヒト城内で作られていた。
マルクト広場の時計台 磁器の鐘が鳴った。
磁器のオカリナなど この街ならではの音色が響く街なかを歩きながら、築200年の家の屋根に庭を造った男性、空に浮かぶ郵便屋さん、子どもの豊かな想像力を取り入れた新感覚の作品を手がけるエルベ川沿いの磁器職人、寂しげな路地を一風変わった遊び(カタツムリ)で盛り上げようとする親子と出会う。マイセンは旧東ドイツで 統一により 自由が考えられるようになったという。

「より道」クアオルト・ラーテン。チェコとの国境近くに、エルベ川沿いに切り立った断崖絶壁がある。乱立する奇岩群に通されたアーチの連なる橋の上からの眺め!遠くはチェコまでも見渡せる絶景です。 ロッククライミングが盛んに行われ登れる奇岩になっている。

タイトルとURLをコピーしました