GoogleマップでWeb旅行!中国 雲南地方・チベット

NHK BSPで見た中国の青海チベット鉄道、茶馬古道、雲南地方。広い中国 どちらの方向か判るようにメモにしました。

Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

NHK BSP 空旅中国 「茶馬古道」

初回放送日: 2020年3月
チベット自治区の首府 ラサ 海抜3,650mの高原に90万人が暮らす。
街のシンボル 世界遺産 ポタラ宮があります。
標高が高く 野菜がとれないので ミルクティを好んだ。唐代から雲南省南部から 2500キロの 交易路 茶馬古道を通り キャラバンを組み チベットへ運んだ。西南シルクロードとも呼ばれた。

易武思茅
虎街 (ラサまで2000km)古道沿いに大きな木 虎が街のシンボル 古道が街を貫く

大理 大理石や金がとれたかつての大理国があった。市場には多くのお茶。
街に住むペー族のお茶商人の屋敷が残っている。三道茶…苦茶、スイーツの甜茶、薬膳の回味茶

・チベット高原の入り口 シャングリラ にある ガダン・ソンザンリン寺院(ソンツェリン寺) にダライ・ラマ5世によって創建。 現在、700人程度の僧侶が修行している。お茶は運びやすいよう四角に圧縮されていて、4つに割り煎じ、ヤクのバターと塩を茶に混ぜ飲みます。ラサまで 千数百キロ。

雲南

NHK BSP 空旅中国 「雲南お茶の道」

初回放送日: 2022年3月18日
雲南省からチベットまで続くお茶の道“茶馬古道”
雲南省の東南アジアとの国境近くの シーサンパンナ、山の木の多くがお茶の木に囲まれた森に住む プーラン族は、樹齢800年の茶の木を育てる。高い木から摘まれた 大きな茶葉。茶の入れ方は ほんの少しだけ発酵させた茶葉を 湯のわいたやかんに入れすぐ茶碗に注ぐ白茶。

茶馬古道の出発点 易武から キャラバンを組み2500キロ先の チベットへ運んだ。
メコン川上流の瀾滄江(らんそうこう)沿いに 北へ北へ進む。

諸葛孔明から茶の種を授かったというジノ族は、お茶に山椒やにんにくを加えスープ仕立てにしていただく(涼拌竹筒茶)。

旅名人ブックス 中国 雲南地方

麗江:世界遺産「麗江旧市街」に登録されている。清流と石畳の街 ナシ族の独特な文化 「茶馬古道」の要所、雲南麗江古城
白沙村:白沙はナシ族の古都で、麗江の政治、経済、貿易、文化の中心地だった
束河古鎮:ナシ族の最も古い集落の一つ、かつて茶馬古道の要として栄えた町
玉龍雪山:標高5596m 龍の形のように山が横になっていることから名付けられた
虎跳峡(こちょうきょう):「雲南保護地域の三江併流群」の一部として世界遺産に登録。金沙江(長江上流)の本流にある非常に深い峡谷で全長は17km 上下の落差は約200mです。
長江第一湾:金沙江は石鼓鎮でV字を描くように北東に向かって大きく流れを変えている。
瀘沽湖(ろここ、ルーグー湖)
シャングリラ(徳欽県 香格里拉): 多くのチベット族が暮らし ソンツェリン寺がある。この先 チベット ラサ「茶馬古道」がつながる

●大理:ペー族の大理石の街で 洱海に面している大理古城がある。
・崇聖寺三塔:正三角形をなすように並べられた三つの仏塔
・胡蝶泉:蒼山の麓にあり泉水は澄み切って鏡のように美しく合歓の木が枝を伸ばしています。
・蒼山景区:標高4,122mの馬竜峰を筆頭に3000m級の峰が19も連なる 蒼山に積もる美しい雪は洱海の月と共に大理を代表する絶景とされている。
・中和寺:神秘的なグリーンの池
古鎮喜洲:少数民族ペー族が暮らす町。白と青の壁を持つ古い家並みが続く。

●昆明:標高1,900mに近い高原に位置する雲南省の省都。世界園芸博が開かれた。市街地の西南に広がる湖の畔には名所旧跡が点在。「高原の珠玉」と称えられる町。
・大観公園:大観楼に「天下第一長聯」がある。
龍門:断崖を掘削して造られた道教石窟
金碧広場
・石林:カルスト地形の景勝地、剣峰池 がある
・乃古石林:カルスト地形の景勝地

●玉渓市:2021年6月 野生のアジアゾウの群れが北上したニュースがあった。ベトナムへの道路がつながる。
燕子洞:鍾乳洞
朱家花園:清の時代末期に建造された民居建築群。建水は孔子廟がありエリート校が多い
・朝陽楼:天安門に似ている
紅河哈尼梯田世界文化遺産:「ハニ族」が1000年以上という膨大な年月をかけ棚田を作った。

シーサンパンナ(西双版納):タイ族の民族自治州です。タイやミャンマーなどの仏教国に近く、南東アジアの仏教寺院や仏塔が点在しています。

景洪市(けいこうし/ジンホン):古より中国タイ族の中心地として栄え、近年東南アジア諸国との国境貿易でも発展。水かけ祭り。普洱(プーアル)茶の産地、東部はラオスと南部と西部をミヤンマーと国境を接している。

勐泐大仏寺
曼聴公園:1,300年以上もの歴史を持つ公園で椰子の木やガジュマルが植えられて まるでジャングル
野象谷:野生の象がいる
・中国科学院西双版納熱帯植物園
・西双版納民族風情園
・望天樹:こちらも熱帯植物園

NHKBS 青海チベット鉄道~世界の屋根200キロをゆく 西寧~ラサ

青海省の西寧からチベット自治区のラサまでおよそ2000キロを結ぶ「青海チベット鉄道」
雪の中を走る様子の映像がひたすら流れた。

出発 西寧
ゴルムド
崑崙山脈
崑崙山トンネル

ココシリ自然保護区 .ロバ.ガゼル.オオカミ.チルー
長江源頭第一橋 トト河 .ヤク 放牧する人
ツォナ湖
・タングラ峠
・タングラ駅
ニェンチェンタンラ山脈
終着 ラサ

タイトルとURLをコピーしました