GoogleマップでWeb旅行!多くの民族の支配受けた イタリア シチリア島

空からクルージング「シチリア一周の旅 三千年の時空を超えて」(2019.2初回放送)
空からクルージング特別編「イタリア・シチリア島一周の旅」見ました。
地中海最大のシチリア島 アフリカが目の前、ギリシャにも近く、土地は豊かで気候は温暖 水上交通の要衝、そのことが多くの民族の奪い合いになる。
古代から多くの民族が征服を繰り返し、ギリシャ・古代ローマ・ビザンチン・アラブ・ノルマンなど、時代ごとに様々な文明の影響を受けてきました。

州の旗にも描かれているシンボル トリナクリアに描かれているのは ギリシャ神話の怪物 メデューサ
その3本の脚が 三角形のシチリア島の3つの頂点を示している。反時計回りに廻る。
シチリア島は 四国の1.4倍くらいのサイズ、1周 1000キロの旅です。

Googleマップにマーキングして 登録されている写真を 楽しんでます。

Googleマップ

見たい場所のマーカーを選ぶと Googleマップからの写真左側が表示されます。
Google マップで見る をクリックすると 新しいタブで Googleマップが開きます。
写真をクリックすると 右側に大きな写真が表示されます。  で前の・次の写真へ
Googleマップに登録されている写真が楽しめます。実際に行けたらなと思います。

シチリア島

エーリチェ 逆三角形の左端より スタート

島の北東 断崖の上に天空の街 エーリチェがある。遙か昔 先住民 エリミ族の聖地だった。
その後 フェニキア人、ギリシャ人、ローマ人がやってきて神を祭り、中世にノルマン人が城や教会を築いた。 ヴェネーレ城がある。

マルサーラ

風車があり 周りには塩田。マルサーラでは2500年以上前から 自然の力でを作っている。海の恵みが塩を乾かす。

近くにある モツィア島には フェニキア人のカルタゴがもたらした遺跡がある。聖域を直径 120mの丸い壁が囲んでいる。この壁の外に街があった。聖域の中心に真水の貯水池があり、これを鏡にして星を観察していた。
門の跡 ここから本島まで海の上に 1600mの戦車も通れるような道を作った。
モツィアは400年にわたり繁栄した。紀元前4世紀 ギリシャ人に滅ぼされる。

フェニキア人はギリシャ人に追われて、シチリア島の最西端にあるボエーオ岬に拠点を築いた。
ポエーオ岬は北アフリカのカルタゴに最も近い。

セリヌンテ

セリヌンテはわかっているだけでも8つの神殿がある。紀元前7世紀に築かれた。カルタゴとも うまく付き合い交易によって発展。
遺跡は2つに分かれ アクロポリス は都市国家の中枢 つまり 政治・経済・旧教の中心地 たいていは小高い丘に築かれる。手前に要塞があり メインストリートが延びている。海に近いところに5つの神殿があた。そのうち C神殿が一部修復されている。
東神殿群、最も形を残すE神殿、柱も内部も地震や戦乱で破壊されたが 20世紀よみがえった。
最も巨大なG神殿 長さは113mもある。しかし完成しないまま破壊された。

細長く続いているのは用水路、近くの泉から流れていたデメテル・マロフォロスの聖域(用水路)
セリヌンテに恐れをなした他の都市は カルタゴ助けを求め 滅ぼされ 破壊された。
クーサの石切場に 切り出された石が残っている。

アグリジェント

アグリジェントは紀元前580年頃 ギリシャ人が街を築いた。
一直線に稜線に沿って並ぶ遺跡 神殿の谷 30万の人々が丘の上に住み、東側に ゼウスの妻の ヘラ神殿
かつて20以上の神殿があった。コンコルディア神殿はキリスト教の教会に転用され姿を残した。
さらに西に ヘラクレス神殿
紀元前480年アグリジェントなど ギリシャ軍が カルタゴに圧勝し 繁栄を謳歌する。
しかし74年後 再び攻めてきた カルタゴにアグリジェントは 滅ぼされる。

シラクーザ

コレンティ岬 シチリア最南端の岬 廃墟となった灯台。5~600キロでギリシャだ。

岬の先まで町並みの続く シラクーザは紀元前 8世紀にギリシャの植民地として建設された。
栄華の象徴がオルティジア島に数々の神殿や泉がある。当時シラクーザの人口は100万人とも言われる。
数学者アルキメデスが生まれた。ヒエロン2世が軍事技術の専門家としてアルキメデスを徴用した。
シラクーザは当時豊かで 祭壇ではゼウスに捧げる牛450頭が焼かれ 市民に分配されたという。
古代ギリシャの時代 借景を利用して 15000人収容できる 半円形の劇場 Temple of Apolloを造った。
ヒエロン2世が亡くなり 古代ローマが攻めてきて アルキメデスも戦い 破れ 戦死した。
アルキメデスの像 Statua di Archimede

その後 古代ローマが 客席に囲まれた 円形闘技場 を築いた。
ローマは 紀元前143年 カルタゴを滅ぼした。

シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡」が世界遺産に登録

アーチ・トレッツァ

アーチ・トレッツァは海に 点々と小島が浮かぶ。
ホメロスの叙事詩 「オデッセア」で オデュッセウスに投げられた大きな石 と伝えられる。

ローマ帝国が滅び ビザンチン帝国、イスラム勢力、ノルマン王朝 それぞれの文明が豊かな傷跡を残していった。

遠くに望む エトナ山 標高3323mはヨーロッパ最大の活火山で今も噴煙を上げることがある。

ノート

1693年にエトナ山噴火で壊滅した街々が、100年の歳月をかけ再建。
ノートのドゥオーモ バロック様式の 大聖堂。

メッシーナ・ペローロ岬

古くから 漁業で栄えてきた メッシーナ

ペローロ岬 シチリア島 最東端。オニア海とティレニア海が交わる メッシーナ海峡に面する。
鉄塔が建っていて 60年代までイタリアから高圧電線をつないでいた。
橋を架ける計画もあったがまだ実現していない。イタリア 本土 まで約3キロしかない。

チェファルー

砂浜のリゾート地。古くは フェニキア人の交易で栄えた。
今の町並みの基礎は ノルマン王朝の時代にできた。
大聖堂 ドゥオーモ・デイ・チェファル 12世紀 北欧のノルマン王により造られ 世界遺産に登録されている。

首都 パレルモ

チャクリは黄金の窪地。9世紀 アラビア人がオレンジやレモンを持ち込み 果樹栽培が始まった。シャーベットをもたらした。

パレルモは首都。人口68万 シチリア最大の都市で イスラムが支配した10世紀頃から急成長した。古代ギリシャの時代 シチリア の中心はシラクーサ。ドイツの文豪ゲーテは世界一美しいイスラムの都市と呼んだ。
ノルマン王宮(現州議会堂)
サン ジョゼッペ ディ テアティーニ教会 この建物が造られたのはイスラムの支配が終わった後。その頃イスラム文化が定着していた。回廊 アーチや柱もイスラム風。
ノルマン人は宗教や文化に寛容だった。

パレルモ大聖堂は12世紀末 イスラム教徒のモスクをシチリア‐ノルマン様式の教会に改築。14世紀から15世紀にかけて鐘楼が建てられ、その後バロック様式の装飾が施された。

モンレアーレ大聖堂はノルマン人の王国が最盛期の12世紀に建てられた。大きな聖堂内が、豪華絢爛な黄金のモザイクでびっしりと覆う。モザイクの壁面には旧約聖書と新約聖書の物語が刻まれている。
木製の梁にはイスラム様式の影響を受けた精密な装飾が施されている。正面には巨大なイエス キリスト。
回廊の柱は1つおきに金のモザイクで幾何学模様に描かれ 228本の柱・柱頭の彫刻も同じものは1つもない。

TakenによるPixabayからの画像



この大聖堂をて建てた後 ノルマン王国は衰退に向かい その後 ドイツ、フランス、スペインと支配者は変わっていく。寛容な時代は終わった。シチリアの独立の運動はことごとく封じられた。

ジェズ教会 Chiesa del Gesù 大理石の柱や壁に細かな細工や彫刻が施されている。バロック様式の傑作の1つ。シチリアがスペインに支配されていた16世紀に建てられた。一般の市民の間では 自由な気風が薄れて行った。

1861年 シチリアはイタリアの一部になった。貧しくマフィアがはびこる島 そんな偏ったイメージがもたれた。シチリアが自治権をもったのは 第2次世界大戦後のこと

セジェスタ

紀元前3世紀頃 建てられ 戦乱にも 地震にも耐えてきた。不思議なことに ギリシャ神殿の柱に必ず刻まれる溝がない。そしてあるはずの神の部屋 神室がない。誰が何のために建てたのか謎である。

近くの マルタ島

ハル・サフリエニの地下墳墓
マルタ ヴァレッタシティゲート

タイトルとURLをコピーしました